SAR Sensor

Synthetic Aperture Radar (SAR)

Josaphat Laboratory (JMRSL) develops our original Circularly Polarized Synthetic Aperture Radar (CP-SAR) for unmanned aerial vehicle (UAV), aircraft, and microsatellite. We did some flight observation in Hinotori (Firebird) Missions to investigate the performance of our SAR system. The flight test of C band CP-SAR onboard CN235 aircraft was been done by Hinotori C1 and C2 missions in 2017 and 2018, thats was successfully to generate our first Circular Polarized images. We hope this sensor could be implemented on environment and disaster monitoring.

合成開口レーダ(SAR)
ヨサファット研(JMRSL)が無人航空機、航空機、小型衛星に搭載するために、独自に円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)を開発しています。当研究室が火の鳥(HinotoriまたはFirebird)ミッションでSARシステムの性能確認をしました。まず、2017年8月と2018年3月に火の鳥C1とC2では、CN235機でCバンドのCP-SARセンサの飛行実証実験をして、世界初の円偏波画像を取得したことに成功して、今後高精度・詳細の環境・災害監視ができると期待しています。


図1.2018年3月2日~18日にCP-SAR搭載CN235航空機の火の鳥C2ミッション
Figure 1. CP-SAR system onboard CN235 in Hinotori-C2 mission on 2-18 March 2018


図1.2018年3月2日~18日にCP-SAR搭載CN235航空機の火の鳥C2ミッションの初画像
Figure 2. First CP-SAR image in Hinotori-C2 mission on 2-18 March 2018