UAV

Josaphat Laboratory Unmanned Aerial Vehicle (JX Series)

Video 1. Maiden flight of Josaphat Laboratory unmanned Aerial vehicle (JX-1)  at Fujikawa Airfield, Shizuoka prefecture, Japan

ビデオ1.2012年6月7日に静岡県・富士川滑空場にてヨサファット研究室の大型無人航空機(JX-1)の初飛行実験

Fig.1. Assembling of JX-1

Fig.2. Memorial photograph of maiden flight of JX-1

Maiden flight of Josaphat Laboratory unmanned Aerial vehicle (JX-1)  was succeed at Fujikawa Airfield, Shizuoka prefecture, Japan on 7 June 2012. This UAV was designed for our original sensor called Circularly Polarized Synthetic Aperture Radar (CP-SAR).  This CP-SAR onboard UAV is planned to observe disaster and dangerous area, volcanic eruption, earthquake, rescue, infrastructure etc. We could also employ this UAV for long range logistic delivery.

ヨサファット研究室実証実験用無人航空機(JXシリーズ)

ヨサファット研(JMRSL)の大型無人航空機(JX-1)が2012年6月7日に静岡県富士川滑空場で初飛行が成功しました。JX-1がこれから当研究室オリジナルのマイクロ波センサである円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)の実証実験のために使用する予定です。将来このUAVを活用して、危険地域、災害地域、火山噴火、大陸規模地震、人命活動、海中・山脈での遭難捜索などにおける観測に活用できます。将来、この無人機による全天候型の長距離物流支援から出前までのサービスも夢ではなくなると思います。